×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パソコン 資格

資格をもたなくてもパソコンを始めることは出来ますが、若い世代にとってはパソコンを所持しているのは、当たり前の感じになってきました。そこでパソコンに関する資格についてですが、今や、事務をこなす人や情報系企業に勤める人にとっては、必須になっている資格も多いようです。パソコン資格として、名前もそのままのパソコン検定(通称;P検)があります。これはパソコン業界の標準的な試験に位置づけられていて、知識から技術まで広く身についているため、就職や転職をはじめ、企業側のスキルチェックなどに活用されています。
その他には、国家資格で比較的取得しやすい資格として、初級システムアドミニストレータ試験(通称;初級シスアド)が挙げられます。これは、ネットワーク利用者側において、情報技術に関する一定の知識・技術を持ち、業務の情報化を利用者の立場から推進する役割を持つ者を指す資格です。

資格、学校

資格を取得するときの勉強法として、学校に通うという方法があります。資格を独学で勉強していく方がよいという人はいいかもしれませんが、なかなか手をつけづらい資格も中には数多くあります。そこで学校ならば勉強が進むだろうという考えがあります。学校といっても、専門学校、資格スクール、通信講座と大きく3つに分けられます。資格について時間を多く費やせるというなら専門学校がよいでしょう。今は数多くの専門学校が全国各地にあり、さらにその取得したい資格によって細かく学校が分けられています。資格の取得率(合格率)もかなりの高率のことがほとんどです。お金と時間に余裕があればまず専門学校でしっかり学ぶことがよいでしょう。
次に資格スクール、通信講座です。これらも年々増加しており、取得したい資格のものは必ずといっていいほど存在するでしょう。しかし、その数ゆえ、特に通信講座に関していえることですが、詐欺には気をつけなければいけません。インターネットで調べれば、その膨大な数に驚かされます。どのスクールも通信講座も、謳い文句は似たり寄ったりで、選択の決め手があまりありません。ここは良いというような確実な情報が自分にあったり、経験者がまわりにいれば選びやすいでしょう。

税理士、資格

国家資格をもっている税理士の仕事は、企業に代わって税の申告や申請、不服の申し立て、税務書類の作成などを行い、税務全般の相談を受けることです。税理士になるためには、国税局直轄の国家資格が必要です。この資格の受験資格は、大学・短大で法律学・経済学のいずれかを1科目以上取得した者、簿記検定1級取得者など、その数13通りあります。試験は5科目ありますが、科目合格制を採用しているので、全5科目に合格すれば何年かかってもよいことになります。
そのため、就業者でも勤めながら勉強をし、数年計画で取得しようとする人も増えているようです。また、女性の取得者も割合が多くなってきている資格でもあります。一人でも独立して開業することができる(会計事務所など)ような資格なので、独立志向の人や若年層の受験が非常に多くなっています。また、起業などに先立って、社会保険労務士や中小企業診断士などの資格も取得しておいて業務範囲を広げるダブルライセンスの人も少なくないようです。この資格は人気があり、なおかつ合格率が10〜15%ほどです。そのため、独学以外にも専門学校や資格スクール、また通信教育など、さまざまな勉強法を選ぶことができます。